« 親の知らない子の就職活動-子の就活が始まる前に親の態度を最初に決めてください | トップページ | 親の就職活動-ニュース-商店街活性化と若者の就職難を解決する方法(大阪府) »

2011年9月 5日 (月)

親の知らない子の就職活動-サハラマラソンに学ぶ-スタートラインまでたどり着くことが難しい

コーチングブログより

サハラマラソンは、サハラ砂漠を7日間かけて合計250km走るという
「地球上で最も過酷なレース」と言われている競技です。

つまり競技者は、7日分の食料や飲み物、寝袋、炊事道具、衣服など
合計約20kgの荷物を背負いながら、
昼間は50度近くの気温になるサハラ砂漠を走り続けるのです。

競技中に命を落とす人も出るほどの過酷さで、
毎年、全競技者の1割以上が途中でリタイヤしてしまいます。

しかし、驚くべきことに、スタート前にキャンセルする人の数は、
レース中にリタイヤする人の数の10倍もいるそうです。

大雑把に計算すると、
申し込んだ人のうち、実際にスタートする人は約5割。
スタートした人のうち、完走する人は約9割。

この数字だけを見ると、
「スタートからゴールにたどり着く」ことよりも、
「まずスタートラインまでたどり着く」ことのほうが
はるかに難しいことが分かります。

「国境なきランナーズ」のHP http://sv01.ezines.jp/url/1ad5267ed5d79a3ff9bd390ba170b083dde2ca17

===============


その通り。

スタートラインに立つことが難しい。

資格も申し込んでしまえば、当日会場に行く(お金払っているから)
それがなかなか申し込めない・・

就職活動もスタートラインに立つのが難しい。

スーツ、靴、化粧、髪型、履歴書、交通費・・・
準備しなければならないものが山ほどあります。

たいていに就活できない子たちは、
スタートラインに立てていないことが多いのです。

就職活動を怖いと表現する子たちにとって
就活はまるでサハラマラソンのように感じるのかもしれません。

20110905

|

« 親の知らない子の就職活動-子の就活が始まる前に親の態度を最初に決めてください | トップページ | 親の就職活動-ニュース-商店街活性化と若者の就職難を解決する方法(大阪府) »

○親が知らない子の就活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546067/52619823

この記事へのトラックバック一覧です: 親の知らない子の就職活動-サハラマラソンに学ぶ-スタートラインまでたどり着くことが難しい :

« 親の知らない子の就職活動-子の就活が始まる前に親の態度を最初に決めてください | トップページ | 親の就職活動-ニュース-商店街活性化と若者の就職難を解決する方法(大阪府) »