« 就職活動-ツイッター相談室番外編-「ひまわりさんは、確かにお言葉はきついですが親近感が持てます」その② | トップページ | 就職活動-就活都市伝説との戦い-就職はそんなに焦らなくても大丈夫だよ、と後輩に言っている大学4年生へ »

2012年9月21日 (金)

就職活動-ツイッター相談室番外編-「ひまわりさんは、確かにお言葉はきついですが親近感が持てます」その③

====================

>>ひまわりさんは、確かにお言葉はきついですが親近感が持てます。

====================

お、さすが、ファンページユーザーさん。
お気づきになりましたね。

では、
なぜひまわりさんの言葉が「きつい」と感じるのか
私の意図も踏まえながら、考えてみましょう。

その①

その②の続き

その③社会への入り口

私が新人だった時、書類を送るメモに、
「新人です、よろしくお願いします!」と書いておくりました。

顔も見たことない新人から書類が来て驚くかも知れないから
柔らかい感じになっていいかな、と思ったのですが、
公私混同であること、!をつけたことについてOJTにきつく注意されました。

先方に送ったメモが、OJTに伝わって叱られたということは、 言いつけられた、ということになるんですけど。つまり

業務は業務なのです。

もしかしたら
絵文字や顔文字で柔らかく遠慮気味に言葉を交換してきた
学生さんの世代には、「業務の言葉」がイタイと感じるかも知れません。

でも、これから皆さんが入っていく社会では、役員、上司、先輩、と年代の違う人と接します。
痛くない言葉は「失礼」と捉えられます。

だから、それが業務における言葉というもの、
だと思って慣れなくてはいけません。

ブログでも、学生とのメールでも
私が学生に迎合して、若者言葉を使うことは簡単です。

(汗)とか(^-^ゝとか(笑)とか orz とか ω とか・・・?!

でも、それでは、「社会」を教えることになりませんね。

「遅れて申し訳ありません(汗)」

と書いたら、詫びにならないことを教えるのが私の役目です。

上司からの「了解しました」

の一文に、「なんか、キツイ、嫌われているかも」などと
思い込んで落ち込まないでね、と教えるのが私の役目です。


就職活動は社会への入り口です。
年代の違う人と接する心の準備を、私としてください、ということです。

私の言葉が、きつい、と感じなくなったら、社会人です。

おわり

スマホやタブレットでも就活学習

就活手帳ダイジェスト

あなたの就活そのペースで大丈夫?アプリやることカレンダー アプリやることカレンダー

*この記事は フェイスブックの 就職塾向日葵ページ でも読むことが出来ます。
気に入ったら、シェアしてくださいね、就活生を応援していきます

|

« 就職活動-ツイッター相談室番外編-「ひまわりさんは、確かにお言葉はきついですが親近感が持てます」その② | トップページ | 就職活動-就活都市伝説との戦い-就職はそんなに焦らなくても大丈夫だよ、と後輩に言っている大学4年生へ »

14こころがまえ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546067/55693947

この記事へのトラックバック一覧です: 就職活動-ツイッター相談室番外編-「ひまわりさんは、確かにお言葉はきついですが親近感が持てます」その③:

« 就職活動-ツイッター相談室番外編-「ひまわりさんは、確かにお言葉はきついですが親近感が持てます」その② | トップページ | 就職活動-就活都市伝説との戦い-就職はそんなに焦らなくても大丈夫だよ、と後輩に言っている大学4年生へ »