« 就職活動-NHK日本の、これから「就職難」に見えた大人の視点-その2広告業界のアドバイスはそんなもんなわけ?! | トップページ | 就職活動-就活を決意を新たにす »

2010年12月29日 (水)

就職活動-NHK日本の、これから「就職難」に見えた大人の視点-その3大人が一緒に働きたい学生

NHK日本の、これから(12月25日放送)「就職難」
非常に濃い討論番組でした。

就職活動-NHK日本の、これから「就職難」に見えた大人の視点
-その1大人が一緒に働きたくない学生

就職活動-NHK日本の、これから「就職難」に見えた大人の視点
-その2広告業界のアドバイスがそんなもんなわけ?

(続き)

喧々諤々の番組のまとめは、なんと、女子高校生でした。

「いままでいろんな話を聞いて、
就職って大変だと思ったけど、
でも特別なことじゃなくて、挨拶とか、勉強とか、礼儀とか
先生から教わったこととか、親から教わったことを
生活の中でちゃんとできるかどうか、なんだなっと思いました。」

素晴らしいっっっ!!!

これだけ長い番組、居眠りをしている参加者も居た中で、
集中力をきらせることなく話をあますところなく聞き、
彼女の口から出たのは

明確な「当事者意識」でした。

評論家や先生方のプレゼンテーションも反対はしないけど
今、目の前に居る子どもたちは救えない、と考えると、
やはり絵空ごとにしかならなくなってしまいます。

責任論、構造論が渦巻く中で、
この高校生の腑に落ちた言葉は深くキラキラと輝いていました。

まさに、ドラッガー。

そう、ここにいる学生は、顧客ではありません。
社会という顧客をどうしたら満足させることができるか、
を考えるべき存在なのです。

100%の就職率を誇る富山の工業高校の生徒に沁みている道徳に
改めて、感動したのでした。

就活手帳ダイジェスト

|

« 就職活動-NHK日本の、これから「就職難」に見えた大人の視点-その2広告業界のアドバイスはそんなもんなわけ?! | トップページ | 就職活動-就活を決意を新たにす »

14こころがまえ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546067/50403298

この記事へのトラックバック一覧です: 就職活動-NHK日本の、これから「就職難」に見えた大人の視点-その3大人が一緒に働きたい学生 :

« 就職活動-NHK日本の、これから「就職難」に見えた大人の視点-その2広告業界のアドバイスはそんなもんなわけ?! | トップページ | 就職活動-就活を決意を新たにす »