« 就職活動-履歴書-私の性格をアルバイトで証明する理由 | トップページ | 就職活動-勤務地とやりたいこと »

2009年11月19日 (木)

就職活動-はじめ方-オヤジのルートにのりたくない

「就職活動の方向性について親と話をしてみた?」

この時期は、学生とはこんな質問ばかりです。

学びを活かす仕事をするならば、
準備をしていかなければなりませんし、

教員や公務員を目指すならば、
予備校に通い、勉強をはじめなければならないからです。

「さくっとは、話しました」

親とちゃんと話すのは難しいようで
”さくっ”とか、”ちょろっと”とか、”少しは”という
形容詞を用います。

「親はこういう企業を受けたらどうだ、
こういう会社なら、話をすることも出来るっていってました。」

この不況の時代になんて頼もしい親のひと言でしょう。
よかったねえ。といおうとした瞬間、
20091015

でも。俺、オヤジのルートに乗りたくないんすよね

「・・・」


親のルートがあって、
今のあなたの大学での学費が出ているというのに。

なんとも、「さくっと」、親の苦労を踏みにじってくれます。

でも、どうやら、親の前では、このセリフは言えていないようです。

ここに、甘えと、強がりとが垣間見れます。


分かった、じゃあ、

親のルートも受ける、自分のルートも作ってみる。

親のルートもあなたが歩けば、あなたの道。

就職活動、準備していこう、ね。

就活手帳ダイジェスト

|

« 就職活動-履歴書-私の性格をアルバイトで証明する理由 | トップページ | 就職活動-勤務地とやりたいこと »

04就活-企業/進路選び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546067/46491027

この記事へのトラックバック一覧です: 就職活動-はじめ方-オヤジのルートにのりたくない:

« 就職活動-履歴書-私の性格をアルバイトで証明する理由 | トップページ | 就職活動-勤務地とやりたいこと »