« ポートフォリオ―デザイン実習―災難は真夜中の停電から始まった2 | トップページ | 就職活動―費用―先輩の決算1 »

2009年9月23日 (水)

就職活動-親子の会話―お前の好きなようにという親に注意

お前の人生だから
お前の好きなところで
お前の好きな会社で
お前の好きなような仕事をしなさい


と言ってもらって、

”うちの親は理解があるなぁ”と思っている学生さんはどのくらいいますか??


(挙手・・・教室の8割が手を上げます)
好きなようにには期待がある


はい、今、手を挙げた人は、
気をつけてください。

経験上、その言葉は、
親の本心ではないことが多いです。

はっきり言いましょう。
疑ってかかってください。


好きなところで、と言っていたから、
「地元を離れて東京で就職活動する」と言ったら、
そんなお金はださないから、と言われた


好きな会社、と言っていたから
「こんな会社が第一志望なの」と話したら
「そんな会社の名前、聞いたこともないからやめなさい」と言われた


好きなように、と言っていたらから
大学の学びとは違う航空系を受けたいと言ったら
「そんな仕事のために今の大学に通わせたのではない」と言われた


という話はこれから、ゴロゴロ出てきます。

親が「好きな」という時には、以下の事が考えられます。

=====================

①親の希望を伝えたら、子どもを縛るのではないか

②親の希望を最初に言ってしまうと、子どもが行動できなくなるのではないか
 (だからころあいを見て、後から言おう)

②親の希望を子どもがわかっている、という自信があり
 選択してくれるのを期待している

=====================


これを防ぐためには、後期が始まるまでに、
親の希望をちゃんと聞いておくことが必要です。

「前に言ったときはこういってた」ではなく、今日の気持ちを聞くことです。

いいですか。

「働いて欲しい場所はどこ」
「こんな企業に入ってくれたらいいなと思う企業はどこ」


と聞いてください。

絶っっ対に聞いてください
ね。
これを面倒くさがると、あとでもっと厄介なことになりますから。


この答えに親の口から出た勤務地、企業は、
あなたの好き嫌いに関わらず、絶っっ対に受けてください

約束です。


たとえ、受けて落ちてもいいのです。
受けることが大切なのです。・・・・親と子の納得のいく就職活動のために。


↓ほかにも参考になるブログがたくさん!見てください↓

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へにほんブログ村 大学生日記ブログ 大学3年生へにほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へ人気ブログランキングへ

|

« ポートフォリオ―デザイン実習―災難は真夜中の停電から始まった2 | トップページ | 就職活動―費用―先輩の決算1 »

04就活-企業/進路選び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546067/46277574

この記事へのトラックバック一覧です: 就職活動-親子の会話―お前の好きなようにという親に注意:

« ポートフォリオ―デザイン実習―災難は真夜中の停電から始まった2 | トップページ | 就職活動―費用―先輩の決算1 »